腸内フローラを改善

腸内フローラを改善

腸内フローラを改善するツボ

腸内には数百種類の菌が所狭しとと生息しています。この細菌の生息しているの状況は一人一人異なるものです。腸内フローラがどんな風な活動するのか、細かく見ていきましょう。
腸内フローラの改善は、美と健康の基礎!
皆んさんご存知の通り腸はおなかの調子や消化吸収だけに影響している内臓ではありません。
抵抗力やホルモンの分泌、美しい肌、日々の調子など心と身体すべてに関わる器官です。腸内にはさまざまな種類の細菌が生息していて、その様子は植物が群生している花畑のように見えるため「腸内フローラ」と呼ばれます。そんな花畑をきれいにすることが腸内フローラのバランスを改善して美と健康を持続することにもつながります。
では具体的に腸内フローラを改善するとはどういったことなのでしょうか?
簡単なはなし腸内フローラの改善は善玉菌を手助けすることです。
腸内の菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に部分分けされます。
このうちの人体に有害な働きを見せる悪玉菌が優勢になることで心と体の健康を乱すことがあります。そこで腸内フローラの状態を良くするためには、善玉菌が活動しやすい環境を確立させることが肝心です。腸内フローラのちょうど良いな情況は細菌の割合が善玉菌:悪玉菌:日和見菌の順番で2:1:7の割り合いと言われています。菌の割合を適切に把握することは困難ですが、お食事と日頃の生活を改善して、ぜひとも腸内フローラを改善することを心掛けましょう。

 

食事で腸内フローラの改善のコツは腸内環境を改善するために善玉菌そのものを含む食べ物を摂取すること善玉菌を食べる事ですね。
そして善玉菌を増殖させる効能がある例えば善玉菌のエサも一緒に摂取するとかです。
この2つが重要です。

 

日常的な腸内フローラの改善のコツはイライラする気持ちを排除することが必要です。ストレスは交感神経を刺激して便のお通じをセーブします。便の排泄が停滞することで、悪玉菌や、悪玉菌の作る害のある物質、アンモニアや硫化水素を排出することができなくなり、腸内フローラが乱れます。

 

普段からイライラする気持ちの原因をなるべく少なくし、溜まってしまっているストレスはその場に応じて解消することで、ストレスを緩和するようにしましょう。また、しっかりと深い眠りの時間をキープする、安心して半身浴をするなどといったことで副交感神経を刺激することも必要です。


ホーム RSS購読